【ヤクルト】村上宗隆が38試合連続出塁 青木、ペタに次ぎ球団3位

村上宗隆

 ◆JERAセ・リーグ公式戦 ヤクルト―DeNA(9日・神宮)

 ヤクルト・村上宗隆内野手(20)が自身の連続試合出塁を38に伸ばし、球団単独3位に躍り出た。

 この日は4点を追いかける2回に先頭でストレートの四球。38試合連続試合出塁で、78年の広島・山本浩二、89年の巨人・クロマティ、18年の広島・鈴木誠也に並んだ。チームでは10年青木宣親の43試合、00年ペタジーニの40試合に次ぐ記録だ。01年巨人・松井秀喜の65試合がリーグ記録で、94年オリックス・イチローの69試合がプロ野球記録。

試合詳細

最新一覧