新型コロナ感染男性の無断外出を巡り議論…鈴木紗理奈「いるべき」にテリー伊藤氏「加害者じゃない」

鈴木紗理奈

 9日放送のTBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・前9時54分)では、新型コロナウイルスに感染した20代男性が大阪市内の宿泊施設を午前5時ごろに無断で外出し、コンビニでさきいかなどを買い物していたことを巡って出演者が議論する場面があった。

 まずは元衆院議員でタレントの杉村太蔵(40)が「そこまで厳しい意見をぶつけるほどのことなのか」とした上で、「症状がない状況で20代の人が朝方5時に買い物をして、そして戻って来たわけですからね。何かここで厳しい言葉をかけるということは、社会の分断につながってしまうんじゃないかと思うんですね」と主張。

 この発言にタレントの鈴木紗理奈(43)は「今後(新型コロナが研究されて)いろいろわかってきた段階で出るならわかるんですけれど、まだ実態がわからない状況なら、(とどまって)いるべきだと思います」と反論。

 するとMCの「爆笑問題」太田光(55)は「全体としてはそうなんだろうけど」と鈴木に理解を示しながらも「ここまで明らかになっちゃったら、もう別に彼を責めるというのは…」と述べたが、鈴木は「自宅待機ならわかりますけど、収容されているわけじゃないですか。彼の部屋を取るためにも負担がある状況の中で、出るというのは。だって何日間のことですもんね」と意見をぶつけた。

 議論が熱くなる中、テリー伊藤氏(70)が「でも彼は加害者じゃないんですよ」と主張すると、杉村も「そうそう」と相づち。続けてテリー氏は「彼自身も実は被害者だと思うんですよね。疲れて寝られない時に、ショートケーキだったら僕は食べたいですよ」と見解を語っていた。

最新一覧