エンゼルス・大谷翔平が11打席連続無安打…4タコで打率1割3分2厘に

1回、三振を喫した大谷(ロイタ-)

 ◆メジャーリーグ レンジャーズ2―0エンゼルス(8日、アーリントン・グローブライフフィールド)

 エンゼルス・大谷翔平投手(26)が8日(日本時間9日)、敵地・レンジャーズ戦に「4番・指名打者」で先発フル出場。1、2打席目に2打席連続空振り三振を喫するなど、4打数無安打で打率は1割3分2厘になった。

 レンジャーズの先発は、左腕のK・アラード投手(22)。エンゼルスが本拠地を置くカリフォルニア州アナハイムで生まれ育ち、2015年のドラフト1巡目(全体14位)でブレーブスから指名された有望株だ。昨季7月に元日本ハム・マーティンとのトレードでレンジャーズ入り。カットボールやカーブを巧みに操り、昨季は9試合に登板して4勝2敗の成績を残した。

 初回2死一塁の1打席目はカウント2―2から外角高めの92・1マイル(約148・2キロ)直球に空振り三振。4回1死一塁の2打席目もカットボールにタイミングが合わずに空振り三振を喫した。前日の7日(同8日)から6打席で5三振。この日の1、2打席目はファウルすらなく、ボールがバットに当たらなかった。

 投手が右腕になった3打席目は一ゴロ。2点を追う9回先頭の4打席目も右飛に倒れた。6日の敵地・マリナーズ戦で本塁打を放ったのを最後に、11打席連続無安打。チームも無得点で2連敗を喫した。

 大谷は今季2度目の登板だった2日(同3日)で50球を投げて降板後、右腕の違和感を訴えて磁気共鳴画像装置(MRI)の検査を受け、右肘付近の屈筋回内筋損傷と診断された。損傷の程度は3段階のうち最も弱い「グレード1」か中程度の「グレード2」で数週間は投球が出来ないため、今季は打者に専念することが決まった。負傷後2試合は欠場したが、この日で3試合連続スタメン出場となった。

試合詳細

最新一覧