【神戸】採点&寸評 シュート22本放つも…決定力不足でホーム2連敗

神戸の仙台戦先発布陣

 ◆明治安田生命J1リーグ 第9節 神戸 1―2 仙台(8日・ノエビアスタジアム神戸)

 今季の公式戦11試合7得点の日本代表FW古橋の欠場が響き、神戸はホーム2連敗を喫した。前節左足を痛めたストライカーに代わりフィンク監督(52)はFW小川を先発に起用したが、1点を追う後半6分、同19分と2度の決定機でいずれも枠外。チームとしても22本のシュートを放ちながら、同41分にFW藤本のゴールで1点を返すのがやっとだった。今季初の連勝を逃し、指揮官は「我々には決定力が欠けていた」とショックを隠しきれない様子。主将の元スペイン代表MFイニエスタも「もどかしさは感じる」と胸の内を明かした。

 採点、寸評は以下の通り。

フィンク監督【6・0】選手交代は的確だったが結果にはつながらず

GK飯倉大樹【5・5】3戦連続2失点。責められないシーンが多いが…

DFダンクレー【5・5】OGは仕方なし。藤本弾につながる好フィード

DFフェルマーレン【5・5】DFラインはもう少しコンパクトに保ちたかった

DF西大伍【6・0】タイミング良い攻撃参加で良質クロスを連発

DF酒井高徳【6・0】何度もインターセプトからチャンスを演出

DF初瀬亮【―】後半36分IN。時間短く採点なし

DF藤谷壮【―】後半36分IN。時間短く採点なし

MFサンペール【5・0】最終ラインに吸収され前方のエリアを狙われた

MF山口蛍【6・0】スペースなく得意の飛び出しは不発だった

MFイニエスタ【6・0】粘っこい守備に苦しみゴール前での仕事が減少

MF小田裕太郎【6・5】後半24分IN。プロ初アシストで存在感

FW郷家友太【5・0】積極的にゴール前に飛び込んだがDFに阻まれた

FWドウグラス【5・5】最多シュート6本も…この日はゴールに嫌われた

FW小川慶治朗【4・5】2度の決定機でいずれも枠外。気合が空回り

FW藤本憲明【6・5】後半36分IN。今季初ゴールで一矢報いる

※平均点は5・5~6・0

試合詳細

最新一覧