レイズ・筒香嘉智、Wヘッダーに連続先発も快音なし…5試合無安打で打率は1割5分に

第1試合で生還したズニーノ(左)をグータッチで迎える筒香(ロイター)

◆メジャーリーグ 第1試合レイズ4―8ヤンキース、第2試合レイズ5―3ヤンキース(8日、トロピカーナフィールド)

 レイズ・筒香嘉智外野手(28)が7日(日本時間8日)、ダブルヘッダーの本拠地・ヤンキース戦に2試合連続先発出場した。

 今季限定の特別ルールで7イニング制で行われたダブルヘッダー。現地時間午後2時10分に開始された1試合目には「4番・左翼」で出場し、昨年から19連勝中のヤンキースのゲリット・コール投手(29)と対戦した。全球直球だった初回2死一塁の1打席目は98・3マイル(約158・2キロ)直球に空振り三振。4回先頭の2打席目は、12球粘って、四球を選んだ。救援右腕・グリーンと対戦した5回2死の3打席目は見逃し三振。試合も4―8で破れて、2打数無安打で1試合目を終えた。

 1試合目終了の約30分後にスタートした2試合目も「6番・左翼」で先発。初回2死満塁で迎えた1打席目には押し出し四球を選んで、先制点をもたらした。2打席目以降は投ゴロ、中飛、遊ゴロと快音は響かず3打数無安打1打点で、7回の守備からは退いたが、チームは5―3で勝った。

 2試合連続で出場して7打席に立ったが、6打数無安打。出場した5試合連続無安打で、22打席連続ヒットは出ておらず、打率は1割5分にまで落ちた。

最新一覧