【巨人】大野雄に先制適時打を許した田口麗斗に宮本コーチ「ワンストライクからまともに行き過ぎちゃった。反省材料」

田口麗斗

◆JERAセ・リーグ公式戦 中日7―1巨人(7日・ナゴヤD)

 巨人の田口麗斗投手(24)が5回5失点で今季初黒星を喫した。

 両チーム無得点の2回2死一、二塁では中日先発の大野雄に先制適時打を献上するなど一挙4失点。宮本コーチは大野雄との対戦について「ワンストライクからまともにいき過ぎちゃったよね。それは反省材料ですよ」と話した。

 前回登板した1日の広島戦(東京D)から中5で先発した左腕について「体のキレが悪かったですよね。(中5日の影響は)全くないですよ。ただ、本人がどう感じるかでしょうね」と話した。「先発していたら前半ね、点を取られると主導権を持っていかれてしまうということですよね」と指摘した。

試合詳細

最新一覧