【C大阪】ロティーナ監督が久保建英の活躍に太鼓判 かつてビリャレアルで指揮

 C大阪のロティーナ監督(63)が7日、スペイン1部ビリャレアルへの期限付き移籍が決定的となっている同1部Rマドリードの日本代表MF久保建英(19)の活躍に太鼓判を押した。

 2011―12年シーズン途中から指揮を執った経験がある知将は「歴史的に見ても、クラブのスタイルは彼にとって適応しやすいと思う。ビリャレアルは偉大なクラブだが、彼なら問題なく適応できるだろう」との見解を披露。今季、久保はレンタル先である同1部マジョルカで35試合4得点4アシストをマークし、スペイン国内外に大きなインパクトを残した実績にも触れ「彼は強いパーソナリティーを持っている。今の成長を続けていけばRマドリードでもプレーできることは間違いない」と絶賛した。

 この日は次節・F東京戦(9日・ヤンマー)に向け、大阪市内で調整。前回対戦だった昨年8月のアウェー戦では0―3で完敗したとあって「強いチーム。どの試合も難しい印象がある」と警戒する一方、「しっかり準備して、自分たちのやるべきことをやる」と言葉に力を込めた。

最新一覧