【巨人】野上亮磨、アキレス腱断裂から復帰後最長の6回1失点「貴也が本当に良いリードをしてくれた」

野上亮磨

◆イースタン・リーグ DeNA―巨人(7日・横須賀)

 巨人の野上亮磨投手(33)が先発。6回4安打1失点と好投し、同点の7回から堀岡にバトンを渡した。

 失点は5回の知野のソロだけ。2、3、4回とテンポ良く3者凡退に抑えるなど先発の役割を果たした。

 昨年10月に左アキレス腱(けん)断裂して手術を受けた。地道なリハビリを経て6月の2軍練習試合で実戦復帰。2軍公式戦はこの日が4登板目で、復帰後最長の6イニングを投げた。

 「(田中)貴也が本当に良いリードをしてくれました。野手の皆様にも助けられ6回を投げ切ることができ感謝します。腕をしっかりと振った中で低めに投げ込むことが出来たと思います。暑い時期ですが次回の登板までもしっかりと走り込みをしたいと思います」とコメントした。

最新一覧