元幕内・玉力道、松ケ根親方がコロナ陽性で入院

松ケ根親方

 日本相撲協会は7日、松ケ根親方(元幕内・玉力道)の新型コロナウイルス感染症の陽性反応が確認されたと発表した。同親方は6日に新弟子スカウト活動のため、感染を調べるPCR検査を受けていた。本人に発熱などの症状はないが、都内で入院して経過観察をしている。

 協会によると、陽性判明後に東京・墨田区保健所に報告して面談が行われた。同親方は7月場所中、所属する二所ノ関部屋に通っておらず、協会員と両国国技館内にも濃厚接触者は確認されなかった。

最新一覧