【DeNA】上茶谷大河 3回4失点KOで今季初勝利ならず

DeNA先発の上茶谷

◆JERAセ・リーグ公式戦 ヤクルト―DeNA(7日・神宮)

 DeNAの上茶谷大河投手(23)が今季3度目の先発も4回7安打4失点で降板。今季初勝利はならなかった。

 初回2死三塁、暴投で1点を失った。2回には先頭の宮本、山崎の連続二塁打でさらに1失点。3回2死一塁では塩見に右中間に2ランを被弾した。2年目右腕は3回、60球で降板。2番手には武藤が上がった。

 登板前日には「青木選手に打たれているので集中して抑えたい」と話していた。その青木は2打席ともに打ち取ったが、全体的に制球が甘く、痛打された。

試合詳細

最新一覧