【北北海道】帯広農が2発に泣き初戦敗退…甲子園交流試合に向けて立て直す

初戦敗退に肩を落とす帯広農ナイン

◆高校野球代替大会 北北海道 ▽1回戦 旭川龍谷6―5(6日、旭川スタルヒン)

 甲子園交流試合に出場する帯広農が2発に泣いた。4点リードの5回に5失点。先頭から走者を出した後に2点適時打と相手の4、5番に2者連続本塁打を浴びて逆転を許した。前田康晴監督(44)は「この大会にかけていたものがあったので、負けたのはすごく残念」と肩を落とした。

 相手2番手の左腕・長谷隼兵(3年)を打ち崩せなかった。打線は5回以降に3度、得点圏に走者を進めたが、いずれも無得点に終わった。

 甲子園交流試合では16日に高崎健康福祉大高崎(群馬)と対戦するが、そのエースも左投手の下(しも)慎之介(3年)。これまでも左対策は行ってきたが井村塁主将(3年)は「左投手の低めの変化球を見極めることや甘い球に集中することを改めて大事だと感じた。意識していきたい」。敗戦を糧に聖地に向かう。

最新一覧