【オリックス】コロナ感染リスク軽減へ9月3日H戦、同18日L戦の開催球場を京セラドームに変更

京セラドーム

 オリックスは6日、ほっともっと神戸で開催を予定していた9月3日のソフトバンク戦、同18日の西武戦の開催球場を京セラドームに変更することを発表した。移動に伴う新型コロナウイルスの感染リスクを軽減させるためで、いずれも京セラドームでの3連戦となる。

 ほっと神戸での開催は「THANKS KOBE~がんばろうKOBE 25th~」と題したイベントの一環。「阪神・淡路大震災」が発生した95年に「がんばろうKOBE」の合言葉のもとリーグ優勝、翌年には日本一に輝いた当時のユニホームを監督、コーチ、選手が着用して試合に臨む。前記の2試合がなくなり、9月15、16、17日の楽天戦3試合が対象となる。

最新一覧