【千葉】千葉学芸の146キロ右腕・小芝永久、プロ志望届提出し、4球団スカウトの前で1回無失点2K

1回無安打無失点で2三振を奪った千葉学芸・小芝

◆高校野球代替大会 ▽千葉地区2回戦 千葉学芸10―1安房拓心=7回コールド=(6日・長生の森公園)

 ドラフト候補でプロ志望届を提出した千葉学芸の最速146キロ右腕・小芝永久(とわ、3年)が今大会初登板し、救援で1回を3者凡退に抑え、2三振を奪った。

 9点リードの7回に4番手で登板。昨夏の大会後に右手首骨折で手術を受け、1年ぶりの公式戦マウンドで「緊張したけど、自分の投球ができた。ゼロで抑えられたのはよかった」。先頭を見逃し三振。次打者にはオリックス・山岡を参考にした縦のスライダーを振らせ、連続三振を奪った。

 4日にプロ志望届が受理され、ネット裏に4球団のスカウトが集結。直球の最速は138キロだった。175センチ、69キロと細身の右腕は「スカウトを意識すると力むので、あまり気にせず投げた。得意の縦スラは見せられた。独自大会の優勝を目指し、挑戦者の気持ちで投げたい」。2人態勢のオリックス・早川スカウトは「しっかり腕が振れるので、打者は変化球も振っちゃう。真っすぐはもっとスピードが出そう。投球が小気味いい」と熱い視線を送った。

最新一覧