打者専念の大谷翔平、二刀流「可能性があればやりたい」「不安はもちろん」「(手術は)ない」…一問一答

エンゼルス大谷翔平(ロイター)

 右肘付近の屈筋回内筋損傷と診断されて、今季は打者専念するエンゼルス・大谷翔平投手(26)が5日(日本時間6日)、オンライン会見に応じた。手術の可能性については「ないとは言われています」といい、来季以降の二刀流については「可能性があればやりたい」と決意を口にした。主な一問一答は以下の通り。

 ―今季は投手を出来ないと報告を受けたときの心境は

 「初戦投げた感じもそこまでよくなかったですし、切り替えていきたいなと思っています」

 ―違和感を感じたのはいつか

 「(投手)1戦目から100%だったわけではないですし、それは術後の感じかどうかは自分でも分からないので、今回MRIを撮って(診断が)出ましたけど、それがいつからかはよく分かっていないです」

 ―打撃練習をして肘の感じは

 「バッティングは特に、(違和感は)ないかなと思いますね」

 ―指名打者でスタメンに戻れる感じか。

 「使ってもらえるなら、という感じです」

 ―投手が出来ないフラストレーションは

 「バッティングがあるので、そこで頑張りたいなという気持ちもありますけど、自分の感覚的に今年は、元みたいにビシビシ何イニングも投げるという感じではなかったので、そんな感じかなと思います」

 ―二刀流続けることは大事なのか

 「野手をやれと言われたらやりますし、ピッチャーやれと言われたらやりますけど、どちらでも出来るのであれば、その可能性があるのであればやりたいなとは思っています。

 ―来年に向けてどのようなオフを過ごすのか

 「とりあえずシーズンがまだ終わっていないのでこのまま頑張りたいなと思いますし、オフはオフでやることは特に変わらないので、来年の頭からしっかり投げられるように、やりたいなとは思っています」

 ―ケガが続いているが個人的に投手を諦める気持ちは少しはあるか

 「長引くような感じはないのかなとは思うので、リハビリの過程でのそういう感じかなとは思っています」

 ―投げているときに痛みは感じたか

 「リハビリの段階で張りは感じるもんじゃないかなという感じなので、それが炎症なのかどうなのかはMRIを撮ってみないと分からないですし、最初から痛み0の状態で100マイル投げられるわけはないと思っているので、当然と言えば当然だとは思っています」

 ―最後に投げた3球は球速が明らかに落ちていたが

 「張りはありましたね。ただ、97マイル(約156キロ)出ている段階でもそんなに腕は振れていないなという感じはあったので、感覚的には97マイルでも90マイル(約145キロ)でもあまり変わらなかったかなと思います」

 ―メジャーを表明した経験で二刀流は自分のものだけでなくお世話になった人たちのためにと言っていたが、その気持ちは変わらないか

 「そうですね、可能性があればやりたいなとは思っていますし、それを含めてエンゼルスに獲ってもらったので、まずは投げられるようにもう一回頑張りたいなと思っています」

―これから二刀流を続けることへの気持ちの変化は

 「あまり変わらないかなとは思いますね。どんな感じの診断なのかもMRIを撮るまで分からないですし、初めてのトミー・ジョンなので、1、2回経験していればどんな感じかは分かるし、違う張りなのかというのも分かると思いますけど、そういう感じではないので。それが今回、こういう張りはいいのかな、悪いのかなとは分かるのかなとは思います」

 ―二刀流をやる自信は

 「どれだけ投げられるか次第じゃないですかね、やっぱり」

 ―マウンドで違和感を感じたり痛みを感じたことはあったのか

 「痛みなのか、張りなのかという所の違いですかね」

 ―ピリッときた感じではなかったか

 「もちろん一発で切れたなと言う感じではないですし、違和感があって降りたので」

 ―不安はあったか

 「そうですね。不安はもちろんありましたね。本来ならマイナーで5、6回投げてどうなのかなという段階だと思いますし、当初はそのような予定だったので。コロナでなくなりましたけど。その分がメジャーのマウンドでという感じなのかなと思います」

 ―1年目(18年)と今回のメンタル面での違いは

 「1回目(18年)の方が手術を控えていましたしね。TJ(トミー・ジョン手術)やるという感じになったので。全然状況が違うかなと思いますね」

 ―再手術の可能性は

 「ないとはいわれています」

 ―保存?

 「保存というか部位的に違うところなので安静にしてという感じです」

 ―最後の3球は意図的に抑えたかあれが100%だったか

 「球速を見ていないので分からないですけど、97のときもそんなに振れていなかったですし、全体的に思い切り振って出てるとか出ていないとかではなかったので」

 ―今回痛めた部位はこれまで痛めたことはあるか

 「周辺(の筋肉)がけっこう多い部分みたいなので、どれが回内筋でどれが屈筋でという違いを感じづらいのかなと思うので。最初は靱帯(じんたい)の張りなのかなと思っていたくらいなので」

 ―打者としての出場へ

 「残りの試合数もまだあるので頑張りたいなと思っています」

最新一覧