木村一基王位 前期タイトル奪取時と同じ「2連敗からの反撃」目指す 藤井棋聖と「同じように全力でぶつかっていくだけ」

有馬温泉では5度目の対局となる木村一基王位

 将棋の藤井聡太棋聖(18)が木村一基王位(47)に挑戦している第61期王位戦7番勝負の第3局が4~5日に神戸市で行われる。史上最年少タイトル獲得者と史上最年長初タイトル獲得者によるシリーズ。両者は3日、対局場となる有馬温泉の旅館「中の坊瑞苑」での検分に臨んだ後、それぞれ会見に出席した。ともに笑顔で温泉愛を語る「ぽっかぽか会見」となった。

 同じく温泉好きの木村も関連の質問に笑顔で応じた。「有馬温泉はここにしかない泉質でもありますので大変楽しみにしておりました。今晩入りますよ。(茶褐色の)金泉が好きですね。関東では入れない独特の泉質ですから」。有馬対局は5度目。勝手知ったる場所での1勝目を目指す。

 2連敗と苦しいスタートだが、豊島将之竜王・名人(30)に挑戦した前期も2連敗から反撃に転じ、4勝3敗で史上最年長初タイトルを獲得した。中の坊瑞苑での第4局ではタイトル戦史上最長手数となる285手の激戦を制している。「スコアとしては苦しいですが、番勝負で大事なのは積み重ね。いっぺんに2局も3局も勝つわけにはいきませんので、明日、明後日を大事にしたいです」

 前局では七段だった挑戦者は棋聖になったが「彼は彼。同じように全力でぶつかっていくだけです」と変わらぬ思いを貫く。

最新一覧