【阪神】矢野監督、サンズ&福留一発攻勢に感激「叫びたいぐらいうれしい」…一問一答

8回1死一塁、福留孝介(右手前)が決勝2ランを放ち、ガッツポーズで迎える矢野燿大監督(左から2人目)

◆JERAセ・リーグ 阪神6―4ヤクルト(16日・甲子園)

 阪神が8回の鮮やかな一発攻勢で最下位脱出に成功した。1点ビハインドで迎えた8回1死からサンズが甲子園1号となる3号ソロを左翼席に放り込むと、なおも1死一塁から福留がバックスクリーン左に今季1号2ラン。矢野監督は試合後の会見で興奮を抑えきれず、喜びを口にした。以下は一問一答。

 ―もつれた展開で逆転勝ちした気持ちは。

 「いやもう、うれしいです。叫びたいくらいうれしいです」

 ―叫びたいとは。

 「『わーっ!』って言いたいです」

 ―福留が大車輪の大活躍。

 「いやもう本当にね、代打でいって、ねえ。同点タイムリー、最後も決勝ホームラン。孝介もスタメンからちょっと外れて悔しい思いしていますし、球場にも一番にきて体を動かしてランニングをしたり、2軍の試合にも自分からいくといって。そういう本当のプロの気持ち、背中を見せてくれるんでね。そういう選手がいてくれるのはチーム全体にね。今日はミスもあったのでね、そういうところも払ってくれて、孝介がやってくれたってのはうれしいです」

 ―中堅も守った。

 「そうですね。もう孝介は経験もありますし、年齢は重ねましたけど、ポジションはどこでもできるんで。そういうところで、孝介で勝負しようと。上手いから、そういうのも想像しながらこっちも準備していたので、心配なく」

 ―サンズも貴重な本塁打。

 「そうですね。昨日とよく似た試合で、追いついて流れがきそうなところで、また1点取られてというところで、サンズが追い付いてくれたので。そういうところではホームランがいい形で出たってのは、チーム全体にもいい影響を与えたと思います」

 ―中田の投球は。

 「状態自体はいいかなとみえましたし、ボールも良かったけど、ただ四球がちょっともったいなかったという感じはありますけど。あのボールならもっといい投球できそうな、そういう感じにみえました」

 ―新人の小川も好投。

 「そうですね。久しぶりの登板でしたけど、途中からいくというね。すごく難しいんですけど、しっかり打ち取って帰ってきてくれたというのは大きいです。まだ経験は少ない選手なんで、どんどんそういう場で経験を積んでチームの力になってほしいと思います」

 ―甲子園では好調が続く。

 「野球ができない時期、無観客、そしてお客さんも入ってもらって、甲子園で野球ができるというのは当たり前じゃないんでね。それは選手と感じながらファンの人が入ってもらって後押ししてもらっているんでね。やっぱり甲子園で野球ができるのはいいなと思います」

 ―明日は青柳が先発。

 「今日の勝ちが明日につながると思うんでね。全員で勝ちに行きます」

すべての写真を見る 2枚

最新一覧