帝国劇場の従業員が新型コロナ感染で「ジャージー・ボーイズ」4公演を中止

 東宝は16日、帝国劇場に勤務する従業員1人が、新型コロナウイルスに感染したことを受け、18日開幕予定だった舞台「ジャージー・ボーイズ・イン コンサート」の18~21日の4公演を中止にすると発表した。

 保健所からは、劇場が長期休館中で外部との接触がなかったこと、また従業員間でも濃厚接触者の該当者がいなかったことから、予定通りの上演が可能と連絡を受けたという。それでも、東宝として万全な対策を講じるため、公演中止を決めた。中止期間に予定していたライブ映像配信は、無観客公演に切り替え、予定通り実施するという。

 帝国劇場では当該従業員と関わりのあるスタッフに対してPCR検査を実施するほか、劇場施設内の消毒などの措置を取る。中止期間の入場券は払い戻しの対応を行う。

最新一覧