【巨人】吉川尚輝、ラストプレーでフェンス激突の好捕「大丈夫です」

9回2死三塁、ピレラの二邪飛をフェンスに激突しながら好捕した吉川尚輝(左は重信慎之介)

◆JERAセ・リーグ公式戦 広島4―9巨人(16日・マツダ)

 巨人・吉川尚が「8番・二塁」で先発出場し、攻守で躍動した。

 6回2死一塁で、左腕の高橋樹からレフト後方へ特大2ラン。逆方向への本塁打はプロ初だった。8回はD・Jジョンソンから中前安打で2安打とした。

 守備では9回2死三塁、ピレラの一塁側へのファウルフライを猛追。フェンスにトップスピードで激突しながら好捕して試合終了となった。

 激突した部分が心配されたが、試合後は元気にバスへ。「大丈夫です。いろんなところ当たりましたけど」と無事を強調し、本塁打については「インパクトを強く振ることを意識した結果、最高の結果になって良かったです」と話した。

最新一覧