【ヤクルト】高橋奎二が6回途中2失点も降板直後に同点で初勝利ならず「自分の力不足」

5回を終え、大きく息を吐きながらベンチに戻るヤクルト先発・高橋

◆JERAセ・リーグ公式戦 阪神―ヤクルト(16日・甲子園)

 ヤクルト・高橋奎二投手(23)は今季2度目の先発で6回途中2失点で降板。2点リードでマウンドを降りたが、直後に同点を許し、今季初勝利はならなかった。

 立ち上がりは変化球の制球にやや苦しみながら、それを補って余りある力強いストレートを中心に5回まで無失点。徐々に本来の投球を取り戻した。6回は1死から大山に守備の乱れも重なって中越え三塁打を浴び、ボーアの二ゴロで失点。106球で交代を告げられた。「今日は調子自体は良かったのですが、最後、自分の力不足で投げ切れず申し訳ないです」と責任を背負い込んだ。

最新一覧