コロナと戦う女子ラグビーチーム横浜TKMを日本協会・森重隆会長が労う

医療従事者でもある横浜TKMの選手たちを労った日本ラグビー協会の森会長(前列中央)

 日本ラグビー協会の森重隆会長と岩渕健輔専務理事が16日、横浜市内で練習する横浜TKMを訪問。新型コロナウイルスに対応する医療従事者でもある選手を多く抱える女子チームに対し、森会長が「どうしてもお礼を言いたかった」と直接思いを伝えた。

 選手の多くは医療法人「横浜未来ヘルスケアシステム」の病院や介護施設に勤務している。コロナ患者の治療に直接関わっているわけではないが、受け付け業務、訪問者の検温、消毒作業などに感染リスクの中で仕事をしている。自己紹介で1人1人の業務内容を聞いた森会長は「大変だな、と。1人1人が思いやれば、コロナも吹き飛ぶ」と励まし、慰労金を手渡した。

最新一覧