17歳・藤井聡太棋聖「今はまだ実感がわかない」「得たものを成長につなげたい」…一問一答

渡辺明棋聖(左)を破り、タイトルを獲得した藤井聡太七段(日本将棋連盟提供)

 将棋の藤井聡太七段(17)が16日、大阪市福島区の関西将棋会館で指された第91期棋聖戦5番勝負第4局で、先手の渡辺明棋聖(36)=棋王、王将=を110手で破り、史上最年少となる17歳11か月でのタイトル獲得を果たした。終局後に取材に応じた。

 ―対局を振り返って。

 「バランスの取り方が難しく、途中から自信のない展開になった。序盤は第2局と似たような形。最後は玉の薄い形が何手か続いて、難しい将棋かなと思っていました。先手に手段が多い感じで、最後まで分からなかったです」

 ―初タイトル。

 「非常にうれしいです。渡辺先生との番勝負は非常に勉強になりました。第3局では気が付かない好手を多く指された。今後に生かしていきたい。今はまだ、実感がわかないというのが正直なところです。より一層、精進して、いい将棋をお見せできるように頑張りたい」

 ―関西将棋会館で決めた。

 「昔から指してきた場所なので、落ち着いて対局に臨めたと思います」

 ―19日には18歳の誕生日。自分へのプレゼントにもなった。

 「あまり誕生日は意識していませんが、一つの結果が残せたのは非常にうれしいです」

 ―第2次藤井ブームだ。

 「注目していただき、多くの方にご観戦していただけるのは、ありがたいこと。これからも期待に応えられるような将棋を指したい。5番勝負で得たものを成長につなげたい」

すべての写真を見る 2枚

最新一覧