八角理事長 7月場所開催を小池都知事に報告「万全な体勢で臨みたい」

八角理事長

 日本相撲協会の八角理事長(元横綱・北勝海)は16日、東京都庁を訪問し、小池百合子知事に大相撲7月場所(19日初日・両国国技館)の開催を報告した。7月場所は、新型コロナ禍の中1日あたりの上限を2500人とした有観客で開催される。八角理事長は「万全な態勢で臨みたい」と、決意を述べた。

 夏場所が中止となったことを受け、小池都知事も「相撲ファンのみならず、多くの方が楽しみにされる」と再開を歓迎。この日都内では過去最多の286人の感染者が報告されるなど感染拡大の勢いは増すが、協会はガイドラインに沿った感染防止策を徹底し、本場所に臨む。都知事も「大変しっかりとした対応をされるという風に伺っている。コロナ対策の真っ最中ではございますけども、素晴らしい場所となることを期待しています」と話した。

最新一覧