馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

秋を待つ(栗東)

 こんにちは、山本です。今日も栗東に残っております。そして、遅めのパッチパチを始めました。本日もそろそろ行ってみましょうか♪

 さて、本日はまだ仕事が立て込んでおりまして、前振りゾーンはお休み。昨日も書いたように、睡眠不足の夏場は突然、眠たくなってしまって困ります。でも、眠ることはできないんですが…。

 まずは友道厩舎。先週の新馬で期待馬の【ヨーホーレイク(牡、父ディープインパクト)】がデビューVを飾りました。優等生な正攻法の競馬でしたが、まだ本気で走っていないような印象も…。「ああいう馬場ということもあったと思う」と友道調教師は良馬場ならパフォーマンスの質が上がっていたのでは、と分析します。今後なんですが、まず夏場は休養予定。次走は秋になるんですが、ワグネリアンやマイラプソディなど友道厩舎の馬が多く出走している野路菊Sが行われる9月の開催、今年は阪神ではなく、中京なんですよね。で、中京には芝1800メートルというレースはない。基本的に距離は詰めたくない方針のようです。もし、野路菊Sがマイルでの施行となった時は、例年中山の芝2000メートルで行われる芙蓉Sへの参戦も視野に入れているようです。いずれにせよ、夏番組が正式に発表されてからですね。

 本日の栗東では新潟開幕週の芝1800メートルでデビュー予定の【レイオブウォーター(牡、父ディープインパクト、母ノーブルジュエリー)】にレースでもコンビを組む福永Jが騎乗しました。「早い時期から動けるタイプじゃないけど、それなりに動けるようになっている。長く、いい脚を使うね」と福永Jはジャッジ。友道調教師も「一瞬の切れというより、長くいい脚を使えると思うので、新潟の外回りは合っているんじゃないかな」と分析していました。あと、来週の札幌芝1800メートルでデビュー予定の【ミルウ(牝、父ハービンジャー、母エルダンジュ)】も非常に順調に調整をこなしているようです。

 続いては、先週の競馬が終わり、イッキに注目度が上がった馬。谷厩舎の【ヨカヨカ(牝、父スクワートルスクワート)】についてです。新馬Vの2着馬、モントライゼが2戦目の未勝利で圧勝劇を演じましたからね。「仕上がりの差もあったんじゃないの」と振り返りつつ、谷調教師はうれしそうな表情。今後に関しては、福永Jとのコンビでフェニックス賞へ向かうことが決まりました。その後は一応、ひまわり賞を予定しているとのことですが、その勝ちっぷりがよければ、1週スライドしての小倉2歳Sということがあっても…。いずれにせよ、九州産の星として、夢を色々と広げてほしいものです。

 続いては池江厩舎。週中にも触れた【ダノンシュネラ(牝、父ドゥラメンテ)】について、池江調教師に改めて話を聞きました。「良馬場で走らせたいし、距離が延びてもよさそうですね」とのこと。こちらも夏場は休養に充て、秋以降の復帰に備えます。池江厩舎では従兄弟にワグネリアンを持つ【ヴィルヘルム(牡、父エピファネイア、母カイゼリン)】が追い切りを行いました。「動きはよかったですよ。スタミナがありそう。割と中距離でもいけそうですね。まだ、時間はあるので、あと2本ぐらいで十分に仕上がると思う」と池江調教師は好感触。新潟前半でのデビューを予定しているようで、徐々に調整のピッチを上げていきます。

 池添学厩舎では新潟開幕週のダート1200メートルに【イルデレーヴ(牡、父ミッキーアイル、母デイトユアドリーム)】がスタンバイしています。鞍上は北村友J。「芝、ダートは両方ともいけそうですが、短いところがいいと思います。体が太かったので、今週は長めからしっかり追いましたし、あと2本追えて、輸送もありますからね」と池添学調教師は短距離適性を感じ取っているようです。お母さんもダート短距離を中心に活躍した馬ですし、当然初戦から期待がかかります。

 最後に南井厩舎。【サトノロイヤル(牡、父ヘニーヒューズ、母カネトシキフジン)】も面白そうです。曽祖母にファビラスラフインを持つ血脈です。「動くよ」と切り出した南井調教師は「芝かダートかはまだ分からないけど、短距離っぽい、いいスピードがある」と手応えを感じていました。あと、【メイショウイジゲン(牡、父クリエイター2、母メイショウジェーン)】は小倉でのデビューを考えているようです。

 今日はここまで、また明日です。ではでは

最新一覧