17歳の「藤井聡太棋聖」誕生!タイトル獲得史上最年少記録を30年ぶりに更新

駒を並べる藤井聡太七段(代表撮影)

 将棋の史上最年少棋士・藤井聡太七段(17)が16日、大阪市福島区の関西将棋会館で指された第91期棋聖戦5番勝負第4局で、先手の渡辺明棋聖(36)=棋王、王将=を破り、通算成績3勝1敗で棋聖を奪取した。

 17歳11か月でのタイトル獲得は史上最年少記録。1990年の棋聖戦で屋敷伸之九段(48)が樹立した18歳6か月のレコードを30年ぶりに更新した。

 3日後の19日に18回目の誕生日を控えている藤井七段が見事、史上初の「17歳タイトルホルダー」に輝いた。開幕から2連勝し、9日の第3局は完敗を喫したが、第4局は時間配分も慎重に、渡辺棋聖の玉を着実に追い詰めた。

 藤井七段は、木村一基王位(47)に挑戦している第61期王位戦7番勝負の第3局(兵庫県神戸市「中の坊瑞苑」)を8月4、5日に控えているが、「藤井棋聖」として木村王位と対峙して、開幕3連勝を期す。

最新一覧