【巨人】大城卓三が今季1号2ラン マツダでの3タテへ初回から幸先良いスタート

1回2死一塁、大城卓三が右中間に1号本塁打を放つ

◆JERAセ・リーグ公式戦 広島―巨人(16日・マツダスタジアム)

 巨人の大城卓三捕手(27)が、今季1号を放った。

 1点を先制した直後の初回2死一塁。先発右腕・藪田の高めの直球を振り抜き、右中間中段へ2ランを放った。

 大城は、開幕直前に新型コロナウイルスの陽性判定が出たため、坂本と同じく10日間の入院生活を余儀なくされた。病室でもできる限りのトレーニングを継続し、一日でも早く戦列に戻るための準備を進めていたというが、退院後は2軍での調整を経て、開幕前日にギリギリで1軍合流となった。

 期待された開幕マスクは譲る形になり、開幕直後はマスクはかぶらず、しばらく代打で待機していた。

 原監督からは、今季30発を期待される男。自身17試合目、49打席目でようやく豪快アーチが生まれた。

最新一覧