【Tリーグ】オールスター戦開催に向けたクラウドファンディング、初日に目標の300万円を達成

伊藤美誠(左)と張本智和

 卓球「Tリーグ」が14日、「2020 JAPAN オールスタードリームマッチ」の開催に向けて実施したクラウドファンディングが、初日で目標の300万円に到達した。

 リーグでは映像制作費と会場設営費の一部にあてるため、この日の夕方から募集を開始。3000円~20万円まで8つのコースがあり、支援者には参加選手から名前を呼んでもらえるスペシャル動画やサイン入りの記念グッズなど、金額に応じた返礼品が設定されていた。8月30日を期限としていたが、順調に金額を伸ばし、支援者数も150人以上。わずか数時間で目標金額をクリアした。

 「オールスタードリームマッチ」は9月中旬に都内でリモートマッチ(無観客試合)で開催される予定となっている。テレビ中継や動画サイトを通じて誰でも観戦できる予定。出場選手や試合形式は未定だが「日本代表対Tリーグ選抜」の団体戦、男子選手と女子選手の夢の対決などが構想として上がっている。

 この日、オンラインで会見したTリーグの宮崎義仁理事長補佐は「今まで卓球ファンが見たことのない対戦を考え、皆さまに楽しんでいただけるイベントを目指している」と語った。参加選手の規模はTリーグに参戦していない選手も含め最大20人を想定。宮崎氏は来年2月に延期された世界選手権代表で男子の張本智和、丹羽孝希、水谷隼、森薗政崇、宇田幸矢、女子の伊藤美誠、石川佳純、平野美宇、佐藤瞳、早田ひなに出場を打診したことも明かしている。

最新一覧