【阪神】今季初めての最下位脱出 糸井が5回にV打 木浪が貴重な1号2ラン

6回、木浪が左翼ポール直撃の今季1号2ラン

 ◆JERAセ・リーグ公式戦 阪神6―3ヤクルト(14日・甲子園)

 阪神が逆転勝利を収め、今季初めて最下位から脱出した。

 同点で迎えた5回無死一、三塁から糸井の左前適時打で勝ち越しに成功。続く6回1死一塁では木浪が左翼ポール直撃の今季1号2ランを放った。木浪は「小さくならないように思いきってスイングした。『切れるな!』と思いながら走りました」と振り返った。

 先発の秋山が6回3失点と粘りの投球を見せると、藤川不在のリリーフ陣も奮起。7回から馬場、岩崎、スアレスとつなぎ、きっちりと逃げ切った。

 チームはここ7試合で6勝1敗と白星を量産し、最大8あった借金を3まで減らした。DeNAに敗れた中日を抜いて、ついに5位に浮上。低空飛行だった猛虎が波に乗ってきた。

最新一覧