小劇場協議会、クラスター発生の新宿シアターモリエールは「感染防止策が徹底されていなかった」と発表

 東京・新宿シアターモリエールで上演され、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した舞台「THE★JINRO イケメン人狼アイドルは誰だ!」(6月30日~7月5日、全12公演)について、都内の小劇場で構成される「小劇場協議会」が14日、同所が協議会による感染防止の指針を守っていなかったことを公式サイトで発表した。

 小劇場協議会は公式サイトで「シアターモリエールにおいては当協議会のガイドラインに従った感染防止策が徹底されていなかったことが、小劇場協議会からシアターモリエール側への確認作業のもと判明しております」と報告。臨時総会を開き、ガイドラインの再徹底や各劇場の防止策実施状況の確認などを行うとし「各加盟劇場のガイドライン実施状況を確認する前にこのような事態が起こってしまったことに対し、深くお詫び申し上げます。最後に今回感染された方々にお見舞いを申し上げるとともに早期の回復を祈念致します」とつづった。

 同協議会はコロナ禍で甚大な影響を受けた小劇場の将来のために、小劇場の存在価値を高めることを目的として今年6月に発足。都内の31劇場が加盟している。

 6月には公益社団法人全国公立文化施設協会発表の「劇場、音楽等における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」をもとに、小劇場の特性に即した「新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」を作成。観客同士の間隔を1席以上あけ、前後の席がかぶらないようにすることやマスクの着用義務や入退館時の検温の徹底(自己申告不可)やこまめな喚起の徹底などを促していた。また、終演後のイベントや面会に関しては可能な限り観客との接触を避けるため中止するよう呼びかけていた。

最新一覧