【阪神】ボーアが全力疾走の内野安打にヘッドスライディング!ハッスルプレーに甲子園が大爆笑!

慌てて頭から三塁へ戻ったボーア

 ◆JERAセ・リーグ公式戦 阪神―ヤクルト(14日・公式戦)

 阪神のジャスティン・ボーア内野手(32)がハッスルプレーで聖地のファンを沸かせた。7回2死からヤクルト・中沢のスライダーにタイミングを外され、三塁線へのボテボテのゴロ。だが、全力疾走で一塁を駆け抜け、来日初の内野安打をマークした。

 さらに続くサンズの打球は右飛と思われたが、右翼・雄平が取り損ね、ヒットに。ボーアは二塁ベースを蹴ると、三塁をオーバーランしたところで、返球を確認し、慌てて頭から帰塁した。すると、バックホームを捕手・西田が後ろにそらし、カバーに入っていた投手のマクガフまでもが後逸した。

 ヤクルトの思わぬ守備の乱れに、甲子園のファンは大爆笑。三塁に頭から帰ったボーアは、相手のミスに気づくのが遅れ、ユニホームをドロドロにしながら天を仰いでいた。

最新一覧