【巨人】チーム連敗阻止へ!菅野智之、毎回走者を出しながらも5回無失点と粘投

力投する菅野智之

◆JERAセ・リーグ公式戦 広島―巨人(14日・マツダスタジアム)

 巨人の菅野智之投手(30)が、毎回走者を出しながらも粘投した。

 雨天中止を受け、ローテが変動。菅野の登板は完封勝利をした前回3日の中日戦(東京D)から中10日と間隔が空いた。

 初回2死から西川に右前打を浴びるも、鈴木を三邪飛に抑える。2回終了ですでに47球。際どいコースがボール判定とされる球が多く、球数は増した。毎回走者を出したが、粘りの投球でカープ打線を0に抑え、5回109球4安打無失点、5奪三振。5点リードの6回1死二、三塁で打席が回ってきたところで交代した。

 チームは5日の中日戦(東京D)から4連敗中。菅野は「チームを勝利に導ける投球ができるように、マウンドに上がります」とコメントしていた。連敗阻止へ向け、エースが力投した。

試合詳細

最新一覧