【ソフトバンク】強力打線の4連打で追加点 バレンティン激走も

4回2死三塁から左前適時打を放つバレンティン

◆オリックス―ソフトバンク(14日・京セラドーム)

 ソフトバンクの強力上位打線が2死から火を噴いた。4回、2番・今宮がアルバースのチェンジアップをとらえ、左翼フェンス直撃の三塁打で出塁すると、ツーシームを運んだ柳田の打球は中堅・宗のグラブを弾く適時三塁打に。「前の打席でやられていたので、何とかランナーをかえす事だけ考えて打ちにいきました。タイムリーになってくれて良かったです」と笑顔を見せた。

 代わった2番手・吉田一からバレンティンは初球を左前に運んでリードを3点に広げ「打ったのはストレート。前の打席は打ち取られてしまったので、このチャンスはランナーをかえせて良かった。ギータに続けて良かったよ」と喜んだ。

 さらに、中村晃が直球を左中間にはじきかえし、バレンティンが一塁から激走して生還。適時二塁打となり、点差を4点に広げた。「タイムリーが続いてたので、自分も流れに乗れました。追加点になって良かったのと、ココ(バレンティン)さんナイスラン!」と感謝した。

最新一覧