【巨人】岡本和真が6号3ラン 左翼ポール際ぎりぎりのビックリ弾

3回1死二、三塁、岡本和真が左越えに3ラン本塁打を放ち打球の行方を見る(投手・九里亜蓮、捕手・会沢翼)

◆JERAセ・リーグ公式戦 広島―巨人(14日・マツダスタジアム)

 巨人の岡本和真内野手(24)が、衝撃のアーチを架けた。

 1点を先制した直後の3回1死二、三塁。先発右腕・九里の地面に近い低めのスライダーを、両膝を曲げて拾うように反応した。

 高く舞い上がった打球は、左翼ポール際ぎりぎりでスタンドへ。岡本は打った直後、その場で打球の行方を見つめ、スタンドインを確信したのち、走り出した。

 6月30日のDeNA戦(東京D)以来、9試合ぶりの6号3ランで一気に突き放した。

試合詳細

最新一覧