【ヤクルト】4番村上宗隆の適時打で3戦連続で初回に先制「コンパクトにうまく」

1回1死一、二塁、村上宗隆が先制の中前適時打を放つ

◆JERAセ・リーグ公式戦 阪神―ヤクルト(14日・甲子園)

 ヤクルト・村上宗隆内野手(20)が2戦続けて先制適時打を放った。

 初回1死から山田哲、青木が四球を選んで一、二塁のチャンス。秋山のカーブを中前へはじき返し、3試合連続で初回に先制点を奪った。これで自己最長タイの15試合連続出塁。4番の仕事に「先制のチャンスだったので、強引にいかずコンパクトにうまく打つことができました。先制できてよかったです」と振り返った。

試合詳細

最新一覧