【広島】鈴木誠也が「生きた教材」打率両リーグトップ.414!堂林翔太の覚醒は本物なのか

8日のDeNA戦で8回に逆転満塁本塁打を放った堂林

 広島・堂林翔太内野手(28)が両リーグトップの打率4割1分4厘と目覚ましい活躍で、三塁のレギュラーを不動のものとしつつある。高卒3年目に全試合出場で14本塁打を放ち「鯉のプリンス」と呼ばれたが、その後は成績が右肩下がり。崖っぷちに追い込まれていた男の「11年目の覚醒」は本物か。その要因に迫る。

 プライドをかなぐり捨てての出発だった。堂林は今年1月、3学年後輩の鈴木誠也外野手(25)に弟子入りする形で、宮崎・串間市で合同自主トレを行った。19年2月の沖縄キャンプでも誠也に指導を請い「生きた教材。自分が良くなるためなら(鈴木誠を)引っ張ってでも(打撃を)見てもらわないと」と語っていた。

 同じ右のスラッガーとして誠也からの金言は「右中間がセンターと思って打席に入っていけばいい」だった。堂林の打撃フォームは、相手投手から背番号7がはっきり見えるほど上体をひねって構える。誠也の分析によると、そこからさらにひねってトップの位置にバットを持っていくため、右中間方向が普通の打者のセンター返しになるという。

堂林の今季安打内訳

 この右中間への強い意識が「変身」の要因となった。今季の打球方向のデータにもしっかり表れている。今季の24安打(本塁打含む)の打球方向を見ると、センターから右方向への打球が13安打(内野安打を除く)と半分以上だ。「自分のバロメーターです」と、中堅から右方向への打球が好調を支えている。

 広角打法は追い込まれてからの粘りにも結びついている。2ストライク以降の打率は、リーグトップの鈴木誠の打率3割9分4厘(3本塁打)に続く、2位の打率3割6分4厘(2本塁打)。特にフルカウントでは11打席で5安打1四球の打率5割の好成績を残している。12年のデビュー年に150三振を喫したような追い込まれるともろい姿はない。

広島・堂林の年度別打撃成績

 得点圏打率も5割2分6厘で、満塁では4打数3安打の打率7割5分。今季は、しぶとさと勝負強さを身につけた。

 ◆堂林 翔太(どうばやし・しょうた)1991年8月17日、愛知県生まれ。28歳。中京大中京高3年時の2009年、夏の甲子園優勝を経験し、同年ドラフト2位で広島入団。183センチ、88キロ。右投右打。年俸1600万円。

 ◆堂林の今季の巨人戦 6月23日からの3連戦(東京D)は初戦の出場はなかったが、2、3戦目は「7番・一塁」でスタメン出場。3戦目に桜井から先制の1号2ランを放つなど、2試合で8打数4安打2打点の活躍だった。

 ◆堂林といえば

中京大中京時代の堂林翔太

 ▼甲子園優勝 09年夏の甲子園で中京大中京の「4番・エース」として全国制覇。決勝の日本文理戦は今でも語り継がれるドラマだ。初回に自ら2ランを放つなど6点リードで迎えた9回。先発して6回途中までいたマウンドに戻ったが、3四死球と2本の長打を浴びてKO。1点差の2死一、三塁まで詰め寄られたがギリギリで逃げ切った。

 ▼三振王 初めて1軍出場した3年目の12年は、三塁の定位置をつかんで全144試合に出場。だが、150三振でぶっちぎりの三振王(2位筒香は102)に。オフには全150三振の写真を展示する「堂林翔太 150三振写真展」をマツダスタジアム内で開催。自身も見学し、発奮材料にした。

 ▼結婚 14年12月に、TBSの枡田絵理奈アナウンサーと結婚。13年シーズン始めに知り合い、夏頃から交際に発展。遠距離で愛を育んだ。同アナは15年6月に退社。15年9月に長男、17年9月に長女、19年9月に次女を出産した。

すべての写真を見る 4枚

最新一覧