松本幸四郎 8・1歌舞伎座再開「夢の世界にお連れしたい」

意気込みを語った(左から)中村七之助、片岡愛之助、松本幸四郎、市川猿之助、中村勘九郎

 歌舞伎俳優の松本幸四郎(47)が13日、東京・歌舞伎座で行われた「八月花形歌舞伎」(8月1~26日、7、17日は休演)の製作発表会見に市川猿之助(44)、片岡愛之助(48)らと出席した。新型コロナウイルスの影響で2月末から休演していた歌舞伎公演が5か月ぶりに再開。万全の感染予防対策を講じた上での公演に幸四郎は「お芝居の中でも、可能な限り、接近しないように」と“ソーシャルディスタンス仕様”で取り組むことを明かした。

 8月1日、5か月ぶりに歌舞伎座の幕が上がる。花道から悠々と登場し、飛沫(ひまつ)防止のアクリル板が設置された舞台に立った幸四郎は「ついにこの日がやって来ました」と公演再開を喜んだ。

 安心、安全に観客を迎えるため、感染予防を最優先に公演が行われる。「与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし)」で与三郎を演じる幸四郎は、稽古の段階から感染予防を念頭に置くことを明かし「変える部分はあるが、歌舞伎を堂々と演じることが大事。1時間、夢の世界にお連れしたい」と限られた条件で全力を尽くすことを誓った。

 「義経千本桜 吉野山」で佐藤忠信実は源九郎狐を演じる猿之助は「4代目猿之助の忠信を作り上げたい。その第一歩に」と意欲的。さらに「図夢(ずうむ)歌舞伎」などオンライン配信が始まっていることに触れ、「この苦難をマイナスと捉えることなく、転換期として次の歌舞伎への第一歩を踏み出すべきかもしれない」と将来を見据えた。愛之助は「大向こう」が禁止されたことに「安心な歌舞伎座にするため、気遣いが必要」と理解を示した。

 中村勘九郎(38)は坂東巳之助(30)とのコンビで「棒しばり」に出演する。父の18代目中村勘三郎さん(享年57)と巳之助の父・10代目坂東三津五郎さん(享年59)が当たり役とした演目だけに「子供の頃からずっと見ていたので因縁深い」と感慨深げに語った。舞台上が満開の桜で彩られた「―吉野山」に出演する中村七之助(37)は「ちょっと遅いお花見を楽しんでもらえたら」とアピールした。

 演劇界では新宿シアターモリエールでクラスターが発生した舞台「THE★JINRO イケメン人狼アイドルは誰だ!」についての質問が飛んだ。松竹の安孫子正副社長は「どうすれば感染を阻止できるのか、ヒントを得られるかもしれない」とし、俳優や関係者に感染者が出た場合は「強行することは一切ない」と話した。

 ◆歌舞伎座の主な感染予防対策

 ▼前後左右を空けた席配置で、販売席数を1808席のところを823席に限定。1、2階桟敷席、4階幕見席は販売しない。

 ▼劇場内、ロビーでのマスク着用、会話自粛を求め、大向こう(掛け声)は禁止。

 ▼上演時間が比較的短く、出演者が少ない演目が選ばれ、舞台上でも密を避けて芝居を行う。

 ▼4部制で清掃、消毒のため完全入れ替え制。幕間はなし。売店、イヤホンガイドの貸し出しは休止。

 ▼出演者控室は各部ごとの完全入れ替え制。

 ▼劇場入り口に赤外線サーモグラフィーを設置して体温測定。37.5度以上の観客は入場をお断り。

 ▼劇場入り口、ロビーなどに手指の消毒液を設置。

 ▼チケット購入時に氏名、連絡先の記入を求める。

 ▼俳優、スタッフ、従業員の抗体検査を行い、必要に応じてPCR検査を予定。

すべての写真を見る 2枚

最新一覧