国技館で大相撲が見られる…7月場所の上限は1日2500人、11月の九州場所も東京開催

約2500人の観客を入れて開催する大相撲7月場所。国技館のマス席は、同じスペースに1人で限定される(一部加工)

 国技館に相撲ファンが帰ってくる。日本相撲協会は13日に臨時理事会を開き、7月場所(19日初日、東京・両国国技館)について、観客を入れて開催することを決定した。新型コロナウイルス感染予防のためのガイドラインを制定し、1日の観客上限は通常開催の4分の1以下の約2500人に設定。有観客は今年1月の初場所以来、半年ぶりとなる。名古屋場所に続き、九州場所(11月8日初日・福岡国際センター)も東京開催に変更することも決めた。

 当初、無観客での開催を目指すとされていた7月場所は、半年ぶりに観客を迎えて行われる。この日の理事会で、上限を2500人とした観客動員が決定。八角理事長(元横綱・北勝海)は、書面で「大相撲ファンの皆様のご期待に沿った、迫力ある土俵をお見せできることと存じます」と観客の間近での熱戦を誓った。

 通常約1万1000人を収容する国技館。政府の指針では5000人まで動員が可能だが、その半分にとどめた。取材に応じた芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は「政府の緩和状況を踏まえて、一番安全な収容人数はどのくらいか」と判断したことを説明。観客は、マスク着用と入場時の消毒を義務づけられ、検温で37・5度以上なら入場できない。

 土俵から近く、飲食しながら応援ができ相撲観戦の醍醐(だいご)味ともいえる「マス席(4人席)」は、同じスペースに客1人で限定。手を伸ばせば花道を通る力士に触れることもできる通路側のマス席は、接触を避けるために使用しない。イス席も間隔を空ける。飛まつ感染防止のため声援ではなく拍手での応援が求められ、警備の親方衆が状況を見守るという。横綱土俵入りで恒例の「ヨイショ~」のかけ声や、しこ名を叫ぶ声もない、静かな土俵となりそうだ。波乱が起きれば館内に舞う座布団の投げ入れも、ウイルスを媒介するリスクを減らすため、これまで以上に注意喚起がなされる。

 力士も厳密な対応が求められる。専門家の指導をもとに作成された感染予防のためのガイドライン(手引き)によると、力士は取組直前の花道までマスクを着用する。また、支度部屋では、アクリル板で仕切られた各力士のためのブースが設けられるという。

 この日は、11月の九州場所も東京開催となることが併せて決まった。芝田山部長は「九州に1000人規模で移動することが一番問題ではないかということで、決定した」。宿舎や経費の観点からも、早期の決断が求められた。

 コロナ禍で異例の事態が続く角界。だが開催が決まった今、7月場所に向けて全力を注ぐ。「まずはこのひと場所、感染対策をしっかりして、場所を成功させることが第一」と芝田山部長も言葉に力を込める。本場所初日まで、待ったなし。力士の姿を、ファンは待っている。(大谷 翔太)

最新一覧