ナイツ、歌舞伎描いた浮世絵に「東洋館を思い出す」

弥次喜多に扮装(ふんそう)したナイツの塙宣之(左)と土屋伸之

 お笑いコンビ「ナイツ」が13日、東京・六本木の森アーツセンターギャラリーで「おいしい浮世絵展 ~北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい~」(15日~9月13日)の取材会に出席した。

 広報大使を務める2人は弥次喜多をモチーフとした衣装で登場。土屋伸之(41)は気になった作品について歌舞伎の客席を描いたものと挙げ「歌舞伎の客席で食べながら観劇しているのは(浅草の)東洋館を思い出す。東洋館も飲食OKなので、みんなガサガサ、グビグビ音を立てていた。共感しましたね」とお笑いの聖地に重ね合わせ、笑いを誘った。

 また、江戸時代にタイムスリップしたらやりたいことにトークが及ぶと塙宣之(42)は「病気の人を助けたい…」と神妙に語り始めたが、すかさず土屋から「ドラマでやってたよ。『仁』で」と鋭いツッコミ。仕切り直して「内海桂子師匠の『銘鳥銘木』が300年前にあったのか確かめたい。どういう笑いのツボなのか、時事ネタはどういったものなのか知りたい」と思いをはせた。

最新一覧