有観客開催の7月場所、八角理事長「期待に沿った迫力ある土俵をお見せできる」

八角理事長

 日本相撲協会は13日、7月場所(19日初日、東京・両国国技館)を約2500人の観客を迎える有観客で実施することを発表。また、11月の本場所を東京・両国国技館で行うことと冬巡業の中止も決めた。八角理事長(元横綱・北勝海)は「力士たちは皆、4月から約3か月半、厳しい外出規制や感染予防策を忠実に守り、七月場所に備えてきました。大相撲ファンの皆様のご期待に沿った、迫力ある土俵をお見せできる」とコメントした。

 観客動員に踏み切ったことに関しては、「7月10日にはイベントの開催制限が一段階緩和され、国内ではプロ野球とJリーグがお客様をお迎えし、無事に開催されております」と話し、「そういった状況を勘案し、また我々も力士をはじめとした協会員の抗体検査の実施や、感染症の専門家のアドバイスを踏まえた『新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン』の制定などを進めてきたことによって、お客様を安全にお迎えし、七月場所が開催できると判断しました」と経緯を説明した。

最新一覧