囲碁・仲邑菫初段が上野愛咲美女流本因坊に敗れ、1回戦敗退…タイトル保持者との初対決に「普段の手合よりも緊張しました」

上野愛咲美女流本因坊(右)に敗れた仲邑菫初段(日本棋院提供)

 囲碁の最年少棋士・仲邑菫(なかむら・すみれ)初段(11)が13日、日本棋院の東京本院で打たれた「第5回扇興杯女流最強戦」1回戦で、上野愛咲美女流本因坊(18)と対戦。白番の上野女流本因坊が164手までで中押し勝ちした。仲邑初段にとってタイトル保持者との対局は初めてだったが、金星とはならなかった。

 上野女流本因坊は「昼食休憩のときは中央と上辺が絡み攻めになりそうで、悪いと思っていた」と序盤は苦戦したが「中盤からは良く打てたと思う」。仲邑初段については「練習では4局ぐらい対局したが、読みがどんどん強くなっている。菫ちゃんは強いので、負けても落ち込まないようにしようと思っていた。今回は自分らしく打てたと思う」と11歳の天才少女の強さを感じ取った様子。

 仲邑初段は「上野先生は強かったです。今日は普段の手合よりも緊張しました。次戦に向けてまた頑張ります」と経験値を積み、さらなる精進を誓った。

最新一覧