横綱土俵入りの「ヨイショ~」は自粛…大相撲7月場所感染予防策

横綱土俵入りを行う白鵬

 日本相撲協会は13日、両国国技館で臨時理事会を開き、大相撲7月場所(19日初日・両国国技館)について、1日当たり約2500人の観客を入れて開催すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で5月の夏場所は中止されており、本場所開催は史上初めて無観客で実施された3月以来、4か月ぶりで、有観客での開催は1月の初場所以来、6か月ぶりとなる。

 7月場所開催に関しては感染予防策が徹底され、観客はマスク着用、入場時に検温し37・5度以上の場合は入場できない。来場者全員にはミニ消毒液が配布される。大相撲観戦の楽しみとも言える声援は自粛が求められ、拍手が推奨される。横綱土俵入りで四股を踏むときにかける「ヨイショ~」のかけ声や、「炎鵬~」「遠藤~」などしこ名を呼ぶ応援もない、静かな土俵となりそうだ。

最新一覧