大相撲7月場所は4人マス席を1人で、イス席も間隔を空けて利用…観客は1日約2500人

両国国技館

 日本相撲協会は13日、両国国技館で臨時理事会を開き、19日に初日を迎える大相撲7月場所(両国国技館)について、1日当たり約2500人の観客を入れて開催すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で5月の夏場所は中止されており、本場所開催は史上初めて無観客で実施された3月以来、4か月ぶりで、有観客での開催は1月の初場所以来、6か月ぶりとなる。

 7月場所の座席については、“密”を避けるため、すべての4人マス席を1人で利用し、イス席は横に3席空け、前後は互い違いにする。土俵に近いタマリ席は置かない。その他、接触を伴うファンサービスも中止する。

最新一覧