中川親方、弟子に複数回の暴力 日常的に「殺すぞ」「本当にうざい」

中川親方

 日本相撲協会は13日、東京・両国国技館で臨時理事会を開き、中川部屋の師匠・中川親方(元幕内・旭里)が弟子3人に対して暴力を振るっていたとして、その概要と、同親方を委員から2階級降格処分とすることを決定した。あわせて、中川部屋の閉鎖も発表された。

 協会の発表によると、今年2月中旬に弟子Aに対して、ちゃんこをこぼさずに運ぶように注意した際、顔面中央付近に右手拳で1回殴打。また、3月場所中には、弟子Bがタクシーで宿舎へ向かう途中に居眠りしたことに腹を立てて、正座をさせて説教。腹部を3回蹴り、胸部を2回殴打したという。昨年夏頃にも、出稽古から戻ってあいさつをした弟子Cに対して、浴衣の帯の結び方が汚いと注意し、左こめかみ付近を1回殴打した。

 いずれの3人にケガは無かったが、中川親方は日常的に「ぼんくら」「首にするぞ」「殺すぞ」「本当にうざいんだよ」などといった暴言を繰り返していた。

 協会は師匠が弟子に暴力や暴言を繰り返していたことを重く受け止め、再発防止の強化策として、師匠に対する指導セミナーを開催をするなど、師匠への教育を徹底し、専門家の意見もふまえた弟子育成マニュアルの作成も検討するという。

 八角理事長から処分意見の答申を委嘱されたコンプライアンス委員会は、暴力根絶に取り組んでいる最中に、師匠が暴力を振るった責任は重大であり、部屋を運営させるべきではないと指摘。だが、暴力に道具が使用されず、弟子にケガがない点、親方が反省し謝罪を行い、被害を受けた弟子らも厳罰を臨んでいないことや、部屋の閉鎖という厳しい措置が見込まれるため、降格の懲戒処分が妥当との意見を答申したという。

最新一覧