ロシア3人娘を育てたトゥトベリゼ氏が最優秀コーチ賞…ISUアワード

 国際スケート連盟(ISU)は11日、フィギュアスケートで最優秀選手賞や新人賞などを表彰する「ISUスケーティング・アワード」をオンラインで開催した。

 最優秀コーチ賞はエテリ・トゥトベリゼ氏(ロシア)が選ばれた。オンラインでの生出演はなかったかが、VTRでノミネートに対してコメント。「ノミネーションをうれしく思います。コーチ、友人たち、みんなに感謝したい」と口にした。

 師事するアリョーナ・コストルナヤは「とても強い人。ゴールに向けて自分を定めなければならないことを教えてくれた」。アンナ・シェルバコワは「ベストのコーチ。毎日多くの時間を私たちを過ごしてくれる」とメッセージを送った。

 同賞はラファエル・アルトゥニアン氏(ロシア)、ブライアン・オーサー氏(カナダ)の3人がノミネートされていた。

 「ISUスケーティング・アワード」は2019―2020年シーズンから新設。中止になった3月の世界選手権で行う予定だった。

最新一覧