【阪神】藤川球児がまさかのKOで9回に逆転許す…ソトに勝ち越し2ラン献上

9回1死一塁、ソトに勝ち越し2ランを浴びた藤川球児

◆JERAセ・リーグ公式戦 阪神―DeNA(11日・甲子園)

 阪神・藤川球児投手(39)が1点リードの9回に登板したが、1死しか奪えず、3失点で逆転を許した。

 1死から梶谷に四球を与えると、続く桑原の中前打を中堅・植田がはじいて後逸。一塁走者の梶谷が一気に生還し、同点とされた。さらに1死一塁から3番・ソトに高めの145キロ直球を左中間席に運ばれた。勝ち越し2ランを浴び、KOとなった。

 日米通算250セーブまで残り「5」に迫る守護神。昨季は56試合で防御率1・77の数字を残したが、今季は6月25日のヤクルト戦(神宮)で4年ぶりのサヨナラ被弾を食らうなど、5試合中4試合で失点と調子が上がってこない。

最新一覧