【富山】沼津に終盤の失点を喫し今季初黒星 安達亮監督「1週間で天国と地獄の両方を味わった感じ」

J3富山・安達亮監督

◆明治安田生命J3リーグ第3節 沼津1-0富山(11日、富山県総合運動公園陸上競技場)

 J3富山はホームで沼津と対戦し、0-1で敗戦。今季初黒星を喫した。

 互いにゴールを奪えず迎えた後半44分、カウンターから痛恨の失点。制限付きとはいえ、この日から有観客での試合となったが、ホームのファンに勝利を届けることは出来なかった。

 安達亮監督は「最低、勝ち点1は取らないといけなかった。決めるところを決めれば勝ち点3を取れた試合だったと思う」と首をかしげた。

 5日の前節・YS横浜戦は3点差をひっくり返しての大逆転勝利を挙げた。だが今節は終盤の失点で敗戦。指揮官は「1週間で天国と地獄の両方を味わった感じ」と悔しそう。

 この日は1257人の観衆だった。安達監督は「やはり(無観客と)全然違う。非常にいい雰囲気だった。選手ものれますよね。その中で勝ち点3を取れなかったのは申し訳ない」と肩を落としていた。

最新一覧