【川崎】家長が頭&右足で2得点!再開後3連勝 4724人来場に家長「ありがたかった」

前半42分、右足で自身2点目を決め、守田英正に祝福される川崎・家長昭博(右)

◆明治安田生命J1リーグ ▽第4節 川崎3―1柏(11日・等々力陸上競技場)

 川崎はMF家長昭博の2ゴール、FWレアンドロダミアンの2試合連続ゴールで、柏を3―1で下した。

 川崎は試合開始からボールを支配。得意のコンビネーションで主導権を握ると、前半40分にCKからMF家長昭博が頭で押し込み先制。2分後には高い位置でボールを奪うと、再び家長が利き足ではない右足でペナルティーエリア外からミドルシュートを沈めた。

 後半7分にはFWレアンドロダミアンがCKから2試合連続ゴール。同11分に1点を返された後は柏の鋭い出足に苦しんだが、3―1のまま試合を終えた。家長は「前半に2点取れたので比較的戦いやすかった。(ゴールシーンは)たまたまいいところに飛んでよかった。久しぶりにお客さんが入ってくれてありがたかったです。一週間後からまた連戦が始まるので、しっかり練習して連戦に戻りたいと思います」と話した。

 政府方針により、試合は制限付きでの有観客が解禁。会場には4724人が来場した。感染拡大防止の観点から応援歌を歌うことや手拍子、タオルを振り回すなどの応援行為が禁止されており、川崎サポーターはゴール直後にタオルを掲げて喜びを表現した。

最新一覧