明石商・来田涼斗と大分商・川瀬堅斗のドラフト候補対決が練習試合で実現

5回1死一、三塁から右犠飛を放った明石商・来田

◆練習試合 明石商3―0大分商(11日・明石商グラウンド)

 今秋ドラフト上位候補の明石商・来田涼斗外野手がプロ注目の最速148キロ右腕、大分商・川瀬堅斗(ともに3年)と対戦。5回に右犠飛を放つなど、1打数無安打1打点1四球だった。

 川瀬について来田は「真っすぐが速いイメージだったけど、変化球で攻めてきていた。レベルの高い戦いができた。変化球がキレていて、1打席目(一ゴロ)は少し泳がされた。犠飛は直球を張って変化球を打てた。反応できてよかった」とドラフト候補対決を堪能していた。

最新一覧