【日本ハム】逆転サヨナラ負けで最下位に1ゲーム差 流れ変わった終盤に「それも含めて野球」と栗山監督

7回2死一塁、中田翔が高々と打ち上げた内野フライを一塁手・ロドリゲスが落球し出塁する

◆オリックス4X―3日本ハム(10日・京セラドーム大阪)

 8回から投入した宮西―秋吉の勝利の方程式が崩壊した日本ハムが、逆転サヨナラ負けで5位に転落。最下位オリックスに1ゲーム差と迫られた。

 開幕から3連敗していた昨年のパ・リーグ最多勝投手・有原が、7回まで2安打7奪三振で三塁を踏ませない完璧な投球でリリーフ陣にバトンタッチ。しかし、宮西が8回に1点を失うと、9回には秋吉が2死から連続四球でピンチを招き、ロドリゲスに逆転サヨナラ弾を浴びた。

 8回の守りでは、1点を返されてなお1死二、三塁の場面で、大城の鋭いライナーを左翼・近藤がダイビングキャッチ。飛び出していた二塁走者も刺して併殺を完成させ、オリックスに傾きかけた流れを一度は食い止めた。しかし、続く9回の攻撃で1死満塁とダメ押し機を作りながら、4番・中田と5番・渡辺が凡退し、相手を再び勢いづかせた。

 エースの今季初白星が消えた痛恨の敗戦に、試合後の栗山英樹監督は「すべて含めて明日から頑張る。(有原を)勝たせてやれなかった」と険しい表情。ダメ押し点を逃した9回の攻撃について聞かれると、「それも含めて野球なので、すべてひっくるめてちゃんとやります」と言葉少なに答えていた。

最新一覧