【ロッテ】有観客試合初戦で逆転負け 8回に新セットアッパー・東條が同点2ラン被弾

3回1死、一、三塁、左中間に勝ち越しの3ラン本塁打を放った井上晴哉(右)は、ごっちゃしポーズをレアード(中)と決める

◆ロッテ6―7西武(10日・ZOZOマリン)

 ロッテが有観客試合初戦で逆転負けを喫した。3回に5番・井上が逆転3ランを放ち、4回には荻野の適時打でリードを2点に広げたが、8回に新セットアッパーの東條が栗山に同点2ランを被弾。さらに9回には守護神・益田が栗山に押し出し四球を与えて勝ち越しを許すと、直後の攻撃は三者凡退で試合終了。これで2連敗となった。

最新一覧