体操の全日本選手権は12月10~13日に高崎アリーナで開催

 日本体操協会は10日、理事会後に取材に応じ、4月に行われる予定も、新型コロナウイルスの影響で延期となった全日本選手権を12月10~13日に群馬・高崎アリーナで行うと発表した。個人総合と種目別を兼ねて実施される。密を避けるため、男女の日程は分けられ、10日に女子予選、11日に男子予選、12日に女子決勝、13日に男子決勝が実施される予定。5月に予定されていたNHK杯は調整中。

 また、コロナ禍で開催中止となった、東京五輪の代表選考を兼ねて行われる個人総合W杯シリーズに派遣する選手を白紙にすると発表。男子は橋本大輝(順大)、萱和磨(セントラルスポーツ)、女子は畠田瞳(セントラルスポーツ)、村上茉愛(日体ク)が出場する予定だった。新たな選考基準は今後、話し合われる。

最新一覧